発電用

Combined Heat and Power (CHP)

Article lead image

電気・熱複合供給(CHP)であるコジェネレーションはプロセスを電気と同時に熱を効果的に利用するものです。ガスタービンからの排熱を蒸気に変換して活用するものです。この蒸気はビルディングの暖房に使われたり、工場内の他の用途にコストをかけずに使用できるものです。

この蒸気は発電所から電気発電用にも工場や家庭の地域暖房としても利用されます。

この回収された廃熱で生じた蒸気は蒸気タービンの電気発電用としても使用されます。熱利用は季節により変わる為、SSSクラッチにより熱利用か電気生産かの融通性を提供できます。